Shigeru Nishikawa

Copyright(c) Shigeru Nishikawa

Sealed House 121-New National Stadium 2- 970×1940mm oil, graphite, metal powder on canvas, panel 2020

大和文華館、笠置

雨の土曜日、近所にある大和文華館の「大和文華館開館 60周年記念 コレクションの歩み展 Ⅰ」を観に行く。ここは小さいけれど凄く素敵な美術館で、今回のコレクション展では全48件の出陳作品のうち、国宝4件、重要文化財17件が出陳されている。

法華経の一文字一文字が仏に見立てられて蓮台にのり金輪が付されている、国宝の一字蓮台法華経(普賢菩薩勧発品)。一文字一文字を仏に見立てって、凄い美意識やなーと魅入ってしまう。婦女遊楽図屏風(松浦屏風)の金地屏風の群像表現にも惹かれて、ゆっくりと椅子に座って観て過ごす。展示室もワンフロアで普通に歩いて回ると1分くらいしかかからない。小さくて、優雅で、この美術館はやっぱり良いな~とのんびりと鑑賞する。

帰り際、美術館の職員さんが虫アミを手に入り口の自動ドアで何かをしている。よく見ると館内に入り込んでしまったトンボを外に出そうと奮闘していた。大きなこれまた素敵な庭園に囲まれているので、よく虫が入り込んで来るそうで、虫アミは常備されているらしい。自動ドアの上でジージーと飛びあぐねているトンボをアミにすがらせて救出に成功。みんなでホッと良い空気が流れ込む。

その後、友人の車で笠置寺に向かう。

展示されていた笠置曼荼羅図にかつてあったという十三重塔が描かれており、友人の提案で笠置寺に向かって見ることに。着いたのは四時を回っており、参拝者の姿もなく、虫や鳥の声が響くばかり。

何度か近くは通っていたがこんな所だったとは知らなかった。

その昔、天智天皇の皇子の大海人皇子が狩猟に出かけ、鹿を追っていたが、大きな岩の上で進退に窮まった際に、山の神に岸壁に弥勒仏の像を掘る事を約束し、窮地を脱したという。その場所を忘れないようにと笠を置いた石が笠置石といい、地名の由来となったという。

本当に大きな岩でそれだけでも来た甲斐があった。

そしてその巨岩の一つに掘られた弥勒磨崖仏。黒ずんだ輪郭線のみが残っていたがそれだけでも異様な雰囲気が漂っている。その岩の横に、先ほど大和文華館で見た塔が建立されていた跡地があった。この狭い範囲に?と思うほどの場所だった。

さらに進むと弘法大使が一夜にして彫ったという伝虚空蔵磨崖仏が姿を表す。

道すがらにも大きな岩がゴロゴロと転がっており、頂上あたりに抜けると眼下には木津川の流れに沿って点在する集落が広がっている。

雲海も見えるというこの場所からの眺めもまた良い。

雨がパラパラと降り始めてきて、時間も遅かったのでその日はそこで引き返す事に。

戻って来ると山からはすでにヒグラシの声がこだましている。

どうしてこうもヒグラシの声はいつも胸を打つのか。

子供の頃、地元の八十川に鮎を突きに上流まで登った後の帰り道に聞くヒグラシの声は、いつもいつもその日の、季節の終わりを告げていた。

子供ながらにこの世界が無限でないことを、夏休みの終わりと、ヒグラシの声が教えてくれたように思う。

朝から海で泳いで後、シャワー代わりに川でも泳いで昼寝して、少し涼しくなった夕方からサッカーをして、夜は花火戦争をする。

今思うと宝物のような日々だった。

アトリエ大改造

少しずつ進めていたキャンバス張りは、ガンタッカーの針とキャンバス地が無くなってしまったので一休み。新しいキャンバスロールが届く前に、全てのキャンバスが壁面に掛かるようにアトリエの壁面の改造を行う。

パズルをはめ込むように、その都度木を切って継ぎ足しながら壁面にキャンバスを掛けていく。それでも掛かりきらないので、壁面をレイヤー構造にする。

もう1面もレイヤー構造にしたら大作も描きやすくなるなーと、考えたところで今日は時間切れ。1日かけてたっぷりと汗をかいて、晩御飯の為に収穫したオクラ、ナス、トマトを頂く。

瑞々しい。

来年はもう少し野菜の種類を増やし、沢山収穫出来るようにしようと思う。

週末

土曜日は朝から事務仕事。

合間に中サイズのパネルが届いてテンションが上がる。

夕方、出かける前に勢いが止まらないゴーヤのためのネットを横に増やす。近くに植えたピーマンは完全にゴーヤの勢いに負けている。勉強勉強。トマトとナスも支柱を増やさないとと、夜に少し買い物。菜園のバケツや土などを買い足す。完全に家庭菜園にはまっている自分がいる。シンプルに土をいじるのが、野菜を収穫するのが楽しい。

でもいつも制作の後回しになる為、色々と足らない事が多く、のんびりと進めている。

日曜日も結局、夕方まで事務仕事。夕方、丸々と育った茄子を収穫。その後、何枚かキャンバスを張りつつアトリエの整理。

今日は風がよく通り、かいた汗も心地良い。

涼しくて日が長くて言うことなしの日曜日。

これから本番の暑い暑い夏のアトリエ。

今年もたんまりと汗をかきそうだ。

それでも年末までの期間を考えると気が引き締まり、心踊る。

夏至の太陽が昇りきる前に庭の草引きをする。

届いた画材の確認と整理をする。

昨日友人宅の庭で収穫してきた3kgの梅を丁寧に洗い、初めての梅酒を漬ける。

家庭菜園ではこの夏初めての茄子を一本収穫する。

夜、木枠を組んでキャンバス張って色を重ねる。

変わらぬ日常が心地良く、いつのまにか日食は通り過ぎていた。

個展が終わって最初の週末。

アトリエに掛けっぱなしにしていた新作の梱包や、描きかけの絵の続き、次の制作の準備などに取り掛かる。

梅雨らしい梅雨の湿度が、容赦なく我が家の古い木造家屋内に行き渡る。

東京に行ってる間、心配していた家庭菜園のゴーヤ、トマト、ナス、ピーマン、バジル、オクラ、ネギも無事にすくすくと育っている。

合間の休憩にコーヒーを飲む。

いつもは粉を簡単にドリップするだけだが、東京で買ってきた豆を曳き、丁寧にドリップしてみる。

当然お店のような味ではなく少し酸味がうるさいのだが、それでもいつもよりしっかりとした意思を感じる味が美味しい。

いつも簡単に済ませていたコーヒーだが、嗜好品とは本来こうして丁寧に楽しむ物なのかなと思った。

手間隙をかける愛おしさ。

野菜も嗜好品も制作も。