Shigeru Nishikawa

Copyright(c) Shigeru Nishikawa

Sealed House 121-New National Stadium 2- 970×1940mm oil, graphite, metal powder on canvas, panel 2020

個展のお知らせ

Gap – Sealed House 2
oil, graphite on canvas, panel
1532×1295mm
2022

6月4日(土)から7月30日(土)まで個展を東京のタグチファインアートにて下記の通り開催します。今展示におきまして、新たな試みとなります「Layer」と「Gap」のシリーズを発表します。是非お立ち寄りください。

西川茂 個展 【Under Construction or Destruction:Layer and Gap】 
会期     :6月4日(土)〜7月30日(土)
開廊時間   :13:00 – 19:00(火ー土曜日)
休廊日    :日曜・月曜・祝日

タグチファインアートhttp://www.taguchifineart.com
〒103 – 0023 東京都中央区日本橋本町2-6-13 山三ビルB1F 
tel   : 03-5652-3660

under construction or destruction ; Layer and Gap
ここ数年に渡り、建築中或いは解体中(改装中)の仮囲いで覆われた建物や構造物をモチーフとして、その建物を覆うシートをキャンバスに見立て油彩による筆触を生かした抽象表現による作品を制作してきました。
現代の日本において、郊外には新興住宅地が広がり続け、都市部には高層ビルが伸び続けています。
新たな建物が建つことにより、かつてそこにあった建物や場所は忘れられ、そこに広がる風景は刻々と変化を続けていきます。こうして水平にも垂直にも広がり続ける現代はどれほどの拡張を続けていくのでしょうか。
そんな中、現在暮らしている奈良にはそこかしこに過去の歴史を語る建造物や遺跡があり、その上に人々の暮らしが発展してきた様があります。今見えている地表を現代とすれば、寺社仏閣や遺跡のように何百年と現代にあり続ける建造物もあれば、何メートルか、あるいは何十センチという距離に埋もれる、何百年前という過去があります。
ローマの街は文字通り街の上に街が重なっており、地下にはそのまま中世の街なみが残っていると聞きます。
そしてもっと大きく見ると地層として地球の歴史は積み重なり、記憶されています。
前述した建物の忘却、風景の変容を、これまではその刹那として仮囲いに表現していたが、日々の営みから見えてくるこうした時の重なりや、これまでも今後も続く変化をその永劫の流れとして表現できないかと考えています。
誕生した生命が幾許かの時を得て死を迎えるように、かつても、これからも建設された建物はいずれ解体される。
そして建設(解体)の間、建物を覆うシートはかつての場所の忘却と、新たに生まれる記憶の狭間を意味することになる。
人々が何を捨て、何を忘れ、何を見て、これから何を求めていくのか。
描かれた仮囲いのその向こうには、変わりゆく風景の移ろい、世情の変容があり、今が更新され未来が続いていく。

2022年5月 西川茂

「Study:大阪関西国際芸術祭」アートフェア参加のお知らせ

Hommage to Christo and Jeanne-Claude
”Wrapped Monument to Leonardo da Vinci” 5
1940×1300mm , oil on canvas, panel , 2019

1月28日から2月13日まで市内各所で開催される「Study:大阪関西国際芸術祭」内のアートフェアに参加する事となりました。
「Study:大阪関西国際芸術祭」と銘打たれたこのイベントは2025年の大阪万博の年に開催される大阪関西国際芸術祭のプレイベントとして企画されたものです。
その一環として行われるStudy Art Fairに東京のタグチファインアートから出展します。

Study:大阪関西国際芸術祭/アートフェア2022

 会 場グランフロント大阪 北館1F ナレッジプラザ
(大阪市北区大深町3-1、JR大阪駅直結)

 チケット:2,500円(1月28日から2月13日までの芸術祭有料会場共通)(https://www.osaka-kansai.art/ticket)
※小学生以下は、大人同伴の場合に限り入場無料。

開催日時:2022年 2 月 4 日(金)- 6 日(日)
– ベルニサージュ(招待者限定) :2月4日(金)※閉館30分前最終入場
– パブリックビュー: 2月5日(土)~ 2月6日(日)
2月4日(金)
プライベートビューイング : 15:00 – 16:00
ベルニサージュ      : 16:00 – 19:00
2月5日(土) − 6日(日)
パブリックビューイング  : 13:00 – 19:00
※最終日の6日は18:00まで

Study:大阪関西国際芸術祭(https://www.osaka-kansai.art
タグチファインアート(http://www.taguchifineart.com

このフェアでは昨年、集中的に取り組んでおりました、クリスト&ジャンヌ=クロードへのオマージュの最後の作品を展示発表する予定です。ダ・ヴィンチ像を梱包した作品の大作と、ショーウインドー内が布で覆われた作品のオマージュです。ショーウインドーは現在の新型コロナウィルス禍における店舗の様子を暗示しているかのようにも見え、オマージュとして制作した作品です。

グループ展参加のお知らせ

新年明けましておめでとうございます。今年の展示は高島屋でのグループ展から始まります。三日間だけの会期ではございますが、お立ち寄り頂ければ幸いです。本年も宜しくお願い致します。

https://www.takashimaya.co.jp/base/osaka/pdf/artnoshinjidai_211224.pdf

「アートの新時代 2022」高島屋史料館×高島屋美術画廊
2022年1月8日(土)~10日(月・祝)
10時~18時/ 最終日10日(月・祝)は17時まで
大阪高島屋7階グランドホール

https://www.takashimaya.co.jp/osaka/topics/10_1_20211222103229/?category=moyooshi_gh#contents

[高島屋史料館所蔵作家]<特別展示>
浅井祐介 池田学 井手創太郎 小沢剛 風間サチコ 小泉明郎 contact Gonzo 志賀理江子 田中功起 町田久美 元永定正 吉原治良 他

[現代アート作家]
阿波野由起夫 石塚源太 小沢さかえ 上出惠悟 北川宏人 極並祐 五木田智夫 高木智子 中島麦 中村美希 西川茂 船越桂 牡丹靖佳 増田敏也 他

アートフェア参加のお知らせ

11月4日(木)から開催されるArt Collaboration KyotoにGallery OUT of PLACE(C01)より出品いたします。
日本のギャラリーが海外のギャラリーとコラボレーションする形での出展形式で、OUT of PLACEはパリのGalerie CAMERA OBSCURAとのコラボレーションです。
会場ブースの配置も特徴的で、どんな光景が広がるのかとても楽しみです。

*ご来場に際してのチケットはオンラインによる完全事前予約制ですのでご注意を!

【Art Collaboration Kyoto】https://a-c-k.jp/

[会場]国立京都国際会館イベントホール
京都市左京区宝ヶ池/京都市左京区岩倉大鷺町422
地下鉄国際会館駅すぐ

[日程]
11/4(木) 内覧会 ※招待客と報道関係者のみ
11/5(金)6(土)12:00‒19:00
11/7(日)12:00‒17:00
*最終入場は閉場の1時間前まで
Gallery OUT of PLACE(ブーズC01)

現代アートに特化したアートフェアとしては日本最大級で、日本と海外のギャラリー、行政と民間、美術とその他の領域などがコラボレーションし、京都や日本のみならずアジア、欧米、南米から50軒を超えるギャラリーが出展しています。

https://a-c-k.jp/

主催:ACK 実行委員会

展示のお知らせ

10月14日(木)から26日(火)まで、Gallery OUT of PLACEと奈良 蔦屋書店 との共同企画の展覧会「ANONYMAT 2021 奈良 vol.2」に参加します。 

ANONYMAT 2021 奈良 vol.2 『 塔と壺 』

西川 茂 (油彩) X  辻村 唯(陶)
会期:2021年 10月14日(木)– 10月26日(火)
Exhibition period : 14st Oct.(Thu.)- 26th Oct.(Tue.), 2021
毎日 10:00 – 20:00 開廊  ※ 会期中無休  
Open : everyday 10:00 – 20:00  
会場 venue:奈良 蔦屋書店 2F 天平ギャラリーhttps://store.tsite.jp/nara/access/
〒630-8013  奈良市三条大路1丁目1-691-1 奈良県コンベンションセンター内tel : 0742-35-0600

「ANONYMAT 2021 奈良」

奈良に活動拠点を構え制作を続ける実力派の美術家4人を、奈良蔦屋書店 天平ギャラリー において、展示・紹介いたします。この展覧会はGallery OUT of PLACE と奈良蔦屋書店との共同企画で、大和盆地、紀伊半島に生きる人や出来事を発掘・開拓し、土地に根ざした文化や芸術を取り上げた展覧会を企画していこうとするものです。

本展では特に奈良にこだわったキュレーションになっています。2つの企画展で構成されており、vol.1 として「赤い黒」と題し関智生(平面絵画)と赤井正人(木彫・立体)を紹介した後、vol.2 では、西川茂(油彩)x 辻村唯(陶)による2人展「塔と壷」を10 月26 日まで開催いたします。

総合タイトル「ANONYMAT」は、フランス語で「匿名の」あるいは「名前を持たない民」を意味しますが、このアルファベットを逆から読むと「民の名」とも読むことができ、逆の意味合いになります。名声を得ずとも常に謙虚さを失わない精神をこの言葉に託しています。